トランクルームとは

トランクルームは利用者が短期または長期の期間において、利用者の資産を安全かつ衛生的に保管する施設のことです。利用者が資産を預けるための施設であり、防犯設備や空調設備を完備した施設であることがレンタル契約上に必要なのです。利用者の短期間で資産を預けたい理由としては、引越しであるとか、家の建て替えであるとか、家のリフォームであるとか、の各短期的な事情があります。利用者の長期間で資産を預けたい理由としては、長いこと使わない物や季節物の衣類や家電などを長期間預けたいという各事情があります。その場合、岡山において格安でレンタル施設を借りたいと思うのは自然なことです。そして出来ればアクセスが便利な場所にトランクルームがあって欲しいのです。車を所有していない利用者におすすめなのが、駅に近い施設です。車のある利用者ならアクセスのよい国道近くの施設が便利でしょう。利用者にとっての格安の意味は目的に合致していることです。短期なら短期契約を認めるトランクルームでなければ格安とは言えません。岡山のサイトでは北区へ施設が充満していて、価格競争しています。利用者にとって、何が目的に合致するのかを見極めることが肝心です。レンタル施設を確認する場合、施設内部の規模が料金と合致しているかを確認することも重要です。さらに内部の湿気などの確認も怠ってはなりません。続いてセキュリティにも気を使っているかなどを確認することが必要なのです。

トランクルームの使い方

どうしてトランクルームを頼ってレンタル料を支払ってまで、使いたいのでしょうか。それは利用者に切羽詰った理由があるからなのです。理由は個人個人で違っています。ある者は引越しや家の建て替えまでの期間だけ、自宅の荷物を預けたいと思うのです。引越しなどは短期間で済んでしまいますので、契約期間が最低六ヶ月とかのレンタル契約は不要と言えます。しかし岡山で短期契約の出来る業者がなければ他所へ行ってまでトランクルームを探す必要があります。またある者は自宅に長期間使わない物や季節物の衣類や家電などをレンタル契約してトランクルームに預けて、自宅を広く快適に使いたいのです。よって目的に見合う適正な施設を探して契約することが必要なことがわかります。要するに利用者の目的に合致する使い方こそが重要なのです。利用者の目的に合致しない施設物件は、存在理由がありません。短期間利用者は1日単位で借りることのできるスペースを格安に借りたいと思うのです。したがって施設のホームページ検索をして、施設の契約について知る必要があります。ホームページ検索では、契約が最低三ヶ月とか最低六ヶ月という施設業者側の強い縛りが見受けられます。よって利用者の目的に反するような契約では、料金が格安であっても目的は果たせません。施設の使い方は利用者の目的によって大きく左右されるので、サイト検索においては利用者のニーズを満たしてくれそうなホームページが岡山に現れることが今後期待されます。

トランクルームの種類

トランクルームの業者は六つのタイプに分けられます。一番目は運輸業・電鉄会社【高架下など】です。二番目は倉庫業で国土交通省の認定業者が多いです。三番目は専業です。四番目は不動産賃貸業で大規模施設野の運営会社が最近目立っています。五番目は個人事業者です。六番目としては建設業者などの副業があります。このうち倉庫業は国土交通省の認可を受けていますので、法律に従っての運営をしています。レンタル業者は正式にはトランクルームの名称は国土交通省の認可がないので使えないことになっています。レンタル契約をするという不動産賃貸業者が大手のの主体です。不動産賃貸契約に基づくので管理の方法や種類についても倉庫業者とは雲泥の差があります。たとえば倉庫業者なら荷物の搬入は倉庫係りが専門で扱い丁寧な管理をしてくれます。しかし不動産賃貸業の場合は無人の施設へ荷主が自分の手で荷物を保管し、荷物の管理や責任も自分でしなければなりません。それに不動産賃貸契約ですから、契約書に特例などがありますと、特例に左右されやすいのです。施設からの退去でも施設を破損したり汚したりすれば、責任を追及されて、費用の請求を受けることもあります。不動産賃貸業者の施設では、契約自由の法則によって、夜間の出入りを認められるなどの利便性もあります。岡山市は北区を中心として格安のトランクルーム業者の中にはオリコン顧客満足度調査でトップに立つなど、施設内用の調った優良会社もみられます。施設の決定をくだすには、是非にも施設の見学と検証が必要なのです。レンタル施設は屋内型と屋外型の二種があります。

トランクルームの選び方

レンタル契約を締結してから、不備や不足に気づいても遅いのです。利用者自身の目的に合致した納得のできる施設を選んでこそ、意味があります。短期契約で済ます場合は、日割りや月割りの特別な契約内容にも目を配る必要があります。サイトに記入がなければ、電話で確かめましょう。業者の言いなりになっていては、後で困ることが多いものです。業者は契約について業者に不利なことは言いたくありませんし、積極的に隠します。ですから利用者としては、利用者にとって有利な項目を知り、不利な項目をいち早く知ってしまえば、後になって嫌な思いはしません。トランクルームの正式名は国土交通省認可の倉庫業者にのみ与えられています。法律によって縛られているトランクルームは設備や人員などの経費がかかるので、料金は高めに設定されていますが、法律によっての安心感は確保されています。もう一方である不動産賃貸業者がトランクルームの名称を使ってするレンタルボックスなどの施設があり、現在五兆円産業に発展しています。東京都千代田区に一般社団法人日本レンタルボックス協会があります。入会は強制ではありませんが、大手不動産賃貸業者が入会していますので、会員は一応の信用性が確保されています。施設の選び方としては、利用者の目的が最大にいかされることが重要です。アクセスに便利であるとか、格安であるとか、岡山にあるとか、利用者の目的と荷物の役割に合致している施設が、求められています。

トランクルームに必要な費用・料金

利用者にとって格安とは、単に料金が安いとか、初期費用がそんなにかからないとかのことではない。真実、利用者にとって目的に合致した利用者の人生に意味のある施設を契約できるかが、重要ではないだろうか。大阪のスーパーでは一円特価をしています。誰でも一円で買えません。一円で買うための条件があるのです。それはスーパーで千円以上の買物をしての権利なのです。トランクルームの初期費用の中にも隠れて見えない項目がありませんか。格安施設を見つけて契約しても、見えない項目で帳尻を合わせられることもあります。たとえば、事務手数料とか、鍵なんかです。ある業者は鍵の費用として合鍵作成業者の五倍をとると言います。先のスーパーの例のように、客の欲を誘うために一円特価のチラシを配っておき、格安を煽るのです。千円以上の買物が隠れている初期費用なのかも知れません。岡山のトランクルーム 格安でも料金の値下げ競争は激化するに違いありません。他所のサイトを見ると二百円とかの激安施設もあります。料金の安さだけで施設を決めることは最悪です。簡易宿泊施設でも五百円というのが存在していますが、畳一枚のベニヤ壁で仕切った臭い匂いのする部屋と呼べない小屋のような酷い物件も見られます。岡山のサイトを見て施設を決定するには、利用者の目的に合致していることが重要です。トランクルーム契約では、施設はセキュリティや防湿などの処理が施されているかとか、岡山でのサイトの契約には何と何が含まれているのかを事前に確認することにしましょう。

トランクルームおすすめランキング

ハローストレージ

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国1,200物件
月額使用料 1,500円~
事務手数料 使用料の1ヶ月分
管理費 当月から翌月分まで
更新料 使用料の0.5ヵ月分
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

キュラーズ

おすすめ度 ★★★★
店舗数 全国57店舗
月額使用料 3,000円台~
事務手数料 0円
管理費 0円
更新料 0円
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

宅トラ

おすすめ度 ★★★★
月額使用料 4,980円~

>> 公式ページを見る <<

スペースプラス

おすすめ度 ★★★★★
店舗数 全国450拠点以上
月額使用料 2,520円~
事務手数料 月額賃料の1ヶ月分
管理費 0円
更新料 5,000円(税抜)
解約料 0円

>> 公式ページを見る <<

サマリーポケット

おすすめ度 ★★★★★
月額使用料 250円~
預け入れ送料 無料
写真撮影 無料
初月保管料 無料
取り出し送料(全国一律): 800円/1梱包

>> 公式ページを見る <<